どうしてもお金が必要だから消費者金融に申し込んだのに、審査に落ちてしまったらとてもショックが大きいです。この後の予定も狂いますし、何より落とされたという精神的なダメージが堪えます。

それを避けるために、消費者金融に申し込む時は念のため2~3社同時に申し込んでしまおうと考える人もいるでしょう。2社に申し込んで2社とも融資OKとなることは実際にありますが、できれば複数に同時に申し込むのは避けた方がよいのです。

消費者金融同時申し込みが不利になる理由

消費者金融に申し込んだ情報は、リアルタイムで信用機関に報告されます。ただ、実際に融資をしたか審査で落としたのかまでは、1件1件信用機関に報告していると手間がかかるので、翌日に前日の分をまとめて報告しているのが現状です。

そのため、同時に複数の業者に申し込んだ場合、申し込まれた側は同時に何件も申し込んでいる事実だけがわかります。実際に融資を受けたのか断られたのかまでは、その時はわかりません。そのため、複数社に申し込むと、業者の方から実際に融資を受けた件数を問う電話がかかってくることもあるでしょう。

それをどう捉えるかは各業者の判断次第ですが、通常、「よっぽどお金に困っているのではないか」と思われるはずです。「この人に貸しても返してくれないかもしれない」と思われても仕方ありません。

また、返済できるとしても、消費者金融には総量規制という法律があります。その人の年収の3分の1以上を貸してはいけないと法律で決まっており、それに違反すると貸した方が罰せられるため、消費者金融業者は同時に申し込む人に対して慎重にならざるを得ないのです。

申し込みブラックに注意

同時でなくても、短期間に複数の業者に申し込むのはおすすめできません。申し込みブラックといって、目安としては1カ月以内に3社以上に申し込んだ場合に、それだけで審査に通らなくなるからです。

一度申し込みブラックになると、場合によってはその後数カ月間どこからもお金を借りられなくなるので、なるべく期間を空けて1社ずつ申し込む方がよいでしょう。

借入診断サービスを利用する

消費者金融のホームページには、「お借入診断」や「お試し診断」という、実際に申し込んだ時にどう審査されるかがわかるシミュレーションサービスを設置しているところが多いです。

年収や借入希望額など自分の条件を入力すると、借入可能かどうかを簡単に診断してくれます。これならいくら試しても申し込みブラックにならないので、実際に申し込む前にまずはこちらを試してみましょう。

△ Page Top